| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

2006年 韓国の旅 目次

 日程 : 2006年12月1~4日 (1泊3日弾丸ツアー)
 目的 : ゲイくん卒業旅行
 時差 : なし
 レート : 100ウォン = 約13円
 メンバー : チーム・メタボリックス (夏ネエ、ゲイくん、おかぴー)
 訪問歴 : 初



1 : 1日目  深夜にソウル着
2 : 2日目  景福宮、Nソウルタワー、サムギョプサル
3 : 3日目  明洞、仁寺洞
4 : 4日目  早朝帰国後、なぜか築地へ
5 : おまけ  ソウル写真集
スポンサーサイト

テーマ: 韓国旅行 * 旅行 | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

ソウル写真集 (おまけ)

韓国旅行記 >> 1 2 3 4 5


キャラクター集

街中ではかわいいイラストをたくさん見かけました。韓国人て、意外とキャラ好き?
(写真をポイントすると説明が表示されます)

清掃車 ゴミ箱 公衆トイレ
地下鉄内のステップ 駐車場マーク 工事現場の立看板



大韓民国愛

そういえば、ロッテマートで豚足写真撮影中に若い店員さんにベラベラ話しかけられたときも、
カレは 「テーハミングッ!」 とひたすら叫んでたような気がする。
意味が分からず恐くて逃げたけど、あれは 「大韓民国」 って意味だったのね・・・

国旗掲揚 日韓W杯競技場駅 ソウル五輪(新体操) ソウル五輪(重量上げ)



寝そべりショット

美しい写真を撮るためには路上に横たわることも厭わない夏ネエ&安さん。ステキです。
旅行中は寝そべりショットが大流行しました。ゲイくん、足開きすぎ!

夏ネエ 安さん 安さん
いけこ ゲイくん 寝そべって撮った写真




トイレ特集

ソウルのお手洗いはだいたいどこもキレイ。清潔だし、インテリアも凝ってます。

↓Nソウルタワー
洗面所 パウダールーム? 青空模様のドア

↓ソウル駅ビル
メンズ レディース 何模様か不明

とは言え、駅の公衆トイレは個室の中にはトイレットペーパーが置いてなくて、あらかじめ洗面所に設置されてるものをそれぞれちぎって持っていくというシステムだったりもするので要注意。
さらに、オモニのお店では外に設置されてる和式トイレで、ボットンではないものの水は手動 (バケツの水で流す) のスタイルだったりした。全国的に整備途中なのかと思われる。

共有トイレットペーパー



ポージング

とても楽しかったので、どこへ行ってもポージングせずにはいられませんでした。
ニョキッ!&プリッ!

明洞でニョキッ! 仁寺洞でニョキッ! ソウルタワーでニョキッ!
築地でニョキッ! ロープウェイ乗り場でプリッ! ホテルでプリッ!



韓流男

最後はお待ちかね(?) の韓流イケメン特集!

試聴中の軍人さん 明洞FACESHOPのサンウ 免税店FACESHOPのサンウ
チャンドンゴン ピ(Rain) 韓流スタ専門店(明洞)
印刷屋さんのサンウポスター FACESHOPのおまけサンウポストカード 美Stickの美少年たち
ヨン様 不明だがステキだ! ピ(Rain) コレ一番好き!
VICMAN VICMAN ももひきマッチョ

おしまい



<<・・・PREV

テーマ: 韓国旅行 * 旅行 | TB :0 | CM :0
TOP ↑

帰国(最終日)

韓国旅行記 >> 1 2 3 4 5


帰国後も旅は続くよ

羽田の朝日

5:30 羽田着。朝日がとってもキレイです。
ほぼ完徹のため、全員ヤバイくらいのハイテンション。

ハイ解散~!ってのもちょっと寂しいし、なんならこのままTDL行っちゃったりする??
 ・・・ 行かねー。
行きは第2ターミナルでゴハン食べたから、帰りは第1でゴハン食べてみる? 
 ・・・悪くないねぇ。
そうだ!築地でお寿司なんてどう?? 
 ・・・いいねぇ!行っとく?

ちょっと前に機内食もキレイに平らげたばかりだというのに、全員一致で築地行き決定!
よぅし、こうなったら職場の最寄り駅で待ち伏せして、今回残念ながら参加できなかったU嬢へのお土産贈呈式もしちゃうなんてどう?
いいねいいね~!大盛り上がりでございます。



築地探検隊

というわけでまずは浜松町までモノレールで移動。
ロッカーにスーツケースを預けて タクシーで築地へ。

マグロ 築地市場

U嬢には 「これから築地でお寿司を食べるので来ませんか?お土産も渡したいです」 という内容のメールを送りつける。
月曜の早朝だってのに・・・ かなり迷惑だったに違いない。
私たちって一体ナンなんだろ?!
それにしても楽しくてたまらないよ! この人たち、最高のおバカ!

築地場外をウロチョロした後 テキトウなお寿司屋さんに入り、おすすめデラックスセット(10貫)、ブリ大根、白子ポン酢をオーダー。
贅沢にも白子のビラビラ一房を一口でパクリ! 大人買いならぬ大人食いです。
むは~、シアワセすぎましゅ!

白子 おすすめデラックスセット
ブリ大根 白子ポン酢


さらにそれだけじゃ飽き足らず、有名な立ち食いラーメン 「井上」へ。
さすがに4人で1人前だけれども、スープまで残さず完食。お腹いっぱいでも違う味なら食べられるもんなのね~。 なんだかんだおいしくいただきました。うほ。

チャーシューめん 主にこの人が食べた 完食



浜松町でお茶

U嬢からメール返信あり。
「お土産は明日でいいです。築地楽しんでね!」
そそそ、そうだよね・・・ 仕事休んだクセに遊んでてごめんなさいッ!! というわけで、お土産贈呈式は延期にして浜松町駅構内の喫茶店で一服。
眠たいんだから早く帰ればいいものをコーヒー一杯でズルズルと何時間も居座ってしまいました。まあこれも楽しかった旅の余韻ということで。
みなさん、今度こそ本当にお疲れ様でした。電車、乗り過ごさないようにね!

居眠りゲイくん




<<・・・PREV
NEXT・・・>>

テーマ: 韓国旅行 * 旅行 | TB :0 | CM :0
TOP ↑

ソウル3日目

韓国旅行記 >> 1 2 3 4 5


朝食

日本でチェックして、絶対行く!と決めていたお店・明洞餃子 (ミョンドンギョウザ)で朝食。行列のできる有名店なんだけど、タイミングよく待たずに座れました。ラッキー♪

カルグクス

お目当てはカルグクス(韓国の手打ちうどん)とチンマンドゥ(蒸し餃子)。
カルグクスは もっちりした麺にワンタンとひき肉と野菜炒めが入っててンマーッ!
テーブルに置いてあるミソを入れるとちょっとピリカラになってこれまたウマッ!

量が多めなので、お腹が苦しくて残念ながら途中でリタイア。
もちろん私以外のメンバーはキレイに完食。
ヤツら、鉄の胃を持ってるに違いない。
ちなみにつけあわせのキムチは激辛でほとんど手をつけられませんでした・・・



明洞 (ミョンドン) でショッピング

ソーセージ屋台 

明洞は若者向けのお店が多くて、街並みは渋谷や原宿にすごく似てる。
でも路上には小さな屋台がいくつも出ていて、その雑然とした感じが面白い。

たくさんあるドラッグストアで激安コスメ買って、
一歩外に出ると屋台でソーセージや焼銀杏、乾物などパクパク。
買って満足食べて満足。 韓流スター専門店なんてのもアリ。
明洞面白いゾ!
ちなみになぜか派手めなランジェリーショップも多数。

ヨン様ソックス 裸にマフラー


ちょっと前から日本にもそっくりな店舗が進出してる THE FACESHOP
クォン・サンウがイメージキャラクターの人気店です。日本人観光客多し。

THE FACESHOP

ここで職場の女子&家族に頼まれたコスメを探すおかぴー。
コイツはいいカモだ! と判断されたのか店員さんにぴったりマークされてました。

んまー、この店員さんが小さくてかわいらしい女子なんだけど、なかなかのヤリ手。
お目当てのものが見つからずウロウロしてるおかぴーに次々と商品を勧め、
あげくカゴまで持ち歩いてお供。
一緒にいた私のこともやたらと 「オネエサン、カワイイネー!」 と褒め殺し。

そのまま韓国語でベラベラ話しかけられ、
「カワイイカワイイ」 とずっと手をにぎにぎされ (韓国人はよく女子同士で手をつないでいる)、
「手ガツメタイ」 と私のダウンの袖の中にまで手を忍び込ませられ、ドギマギしながらもそのイイ香りとしっとりとした感触にうっとり。

我に返ったときにはレジ前に並ばされていて、お姉さんは次のターゲットを求めて店内に消えてました。
すげー!スピーディな恋人商法みたい。
結局パックやらマスカラやら大量に購入し、私はサンウのポストカードセット、おかぴーはFACESHOPオリジナルバッグをいただきました。
私たち・・・踊らされて、ない・・・よね?

パックいろいろ


続いて、友人ましゅこに教えてもらった漢方足浴剤を求めて
ドラッグストアへ行くも商品見つからず。
店員さんに聞こうにも 「足浴」 という単語が韓国語はもちろん英語でも分からず、
こういうボトルで・・・ と絵を書いてみたり漢字を書いてみたりしたけどなかなか伝わらない。(>_<;)
数店舗回ってようやく見つけたときには喜びのあまり 「アッター!」 とおたけびをあげてしまいました。みんな、協力してくれてありがとう!

  ↓この絵で              ↓コレをゲット
足浴剤



仁寺洞(インサドン)食べ歩き

一旦ホテルに戻り、買ったものをパッキングして15:00にチェックアウト。
荷物をフロントに預けて、出発時間まで再度街に繰り出す私たち。
いよいよソウルもラストスパート。食べて食べて食べつくすーっ!

昨日の朝、男子チームが先乗りした仁寺洞に再チャレンジ。
ここは韓国の伝統的な茶房とか小物のお店があって、ちょっとシックな雰囲気の繁華街らしい。 いろんな屋台がズラっと並び、イカゲソバター焼き、細巻キンパ、一見タコ焼き風だけど実はシナモン&アンコが入ってるお菓子(←最高に安くてウマイ) などなどひたすら買い食いし、合い間にスープ&温かい飲み物の無料試飲。
んもう、パラダイス!! 仁寺洞最高です。

屋台 屋台
宮廷料理 細巻きキンパ

占い屋台なんてのもあったよ。

占い屋台



夕食

さんざっぱら買い食いしといてナンですが、仁寺洞にはゲイくんオススメのこじゃれた韓国料理屋さんがあるそうで、あんまりお腹が空いてないながらも入店。

したんだけれど、ここのビビンパが絶品!
運ばれてくるとまずその美しさにウットリ。
赤黒い五穀米の上に緑の野菜&薬草がたっぷり乗って、その上には鮮やかなオレンジのトビコと紫色の南国の花びら。ステキだ!

トビコ入り海鮮チヂミ

キムチ類 芋チヂミ

熱々の鉄板の上でジュウジュウ焼いて口に入れるとトビコのプチプチ感とエビのプリプリ感、そしてちょっと焦げた五穀米の香ばしさがウマーッ!
芋チヂミもモッチモチ!
あっという間にペロリでした。(むしろ奪い合い)  
おいしゅうございました。



再び仁寺洞(インサドン)散策

食事の後、近くの広場をブラブラ。
この広場、餅つきとか昔ながらの米菓子を作ってパフォーマンスしてるかと思えば、摩訶不思議なオブジェが多数置いてあったりして、何のイベントなのかさっぱり分からず。

餅つき ヘンテコオブジェ

分からないなりに楽しんで写真撮影しているとと、突如ゲイくんがニヤニヤしだした。
どうやらすぐ傍で写真を撮ってるカップルの男の子をお気に召した様子。
ふむ。たしかにキュート。
「撮って撮って!」 とはしゃぐゲイくんを撮るフリして、実は後ろにいる男の子がターゲット。なんだかんだで5~6枚隠し撮りしちゃいました。変態でしょうか?!

浮かれるゲイくん



地下鉄

温度計?

買いそびれたお土産を求めてロッテマートのあるソウル駅まで地下鉄で移動。
ソウルは地下鉄がはり巡らされていてとても便利。
電波もよく入り、日本以上に ケイタイいじったりワンセグ(?)TVを見てる人も多数。
車内の座席がこれまたオンドル仕様でポッカポカ。
外は氷点下。冷え切った体にはたまりません。
ちょっと気を抜いたら寝過ごしてしまいそうな気配。 幸せ~♪

4人並んで長いすに座ってつかの間の休息を楽しんでいたその時、
電車に駆け込んできた女性に突然韓国語で話しかけられたおかぴー。 

意味が分からないという意味で首を横に振ったところ、あわてて電車を降りてゆく女性。
ももも、もしかして今、韓国人と間違えられた??

  (予想)
  女  「この電車は○○に行きますか?」
  おかぴー 「・・・・」  無言で首を振る
  女  「あ、行かないのね!ありがとう!」 と電車を降りる

ガタイの良いおかぴーがニットキャップを目深にかぶるとすっかり国籍不明。
ヨン様風メガネかけてるし、現地人に間違えられても無理ありません。ワハハッ!
これからは韓流をウリにしてみたら?



ロッテマート再び

昨日よりも時間が早いためか、かなりの混雑。
食品売り場では焼肉やチヂミのデモンストレーションもやってました。
またもや試食しまくり。
焼酎、ビビンバソース、韓国のり、ゆず茶などなど、スーツケースの空き容量はまったく無視して 重くてかさばるものをガンガンお買い物。

つづいて2Fの衣料品コーナーへ。
ニットキャップ&マフラーを求めてウロチョロしていると可愛らしいキャップを手にとり、 「ボク、コレは入らないだろうな・・・」 と寂しげな顔で呟くゲイくん。横でうなずくおかぴー。
BB (ビッグヘッドブラザーズ) の本領発揮?

でもそれ、子供用ですから・・・(笑)。
そして、こっちの寅さん風帽子はかなりお似合いでしたよ!

その後、店内のアイスクリーム屋さんでしばしマッタリ休憩。
体力は限界に近づいてます。

牛足 お刺身セット 青魚



夕食

いよいよ韓国最後の晩餐。
あと食べてないのは骨付きカルビ!
遅い昼食&試食&アイスクリームでほとんどお腹は空いてないけれど、
やはりカルビを食べずに帰るわけにはいかない。(←もはや意地以外のナニモノでもない) 

さすがに遠出する気力は残ってなかったので駅ビル内のファミレス風 韓国レストランへ。
みんな疲れ果てて口数は少なくテンション低め。

夕食

それでもがっつりカルビ&ユッケ&スンドゥブをオーダーし、もくもくと平らげる。
若干ぐったりしてた私も大好物のユッケを食べて元気回復しました。
このお店は焼いたお肉を持ってきてくれるので、帰りの飛行機で焼肉臭をまきちらす心配もナシ。
大盛り上がりのグランドフィナーレ、というわけには行かなかったけれども、
なかなかしっぽりと、良い選択だったんじゃないでしょうか。



最後のお買い物

22:30 ホテルを出発。ツアーのバスに乗って いよいよ空港へ。
ちなみに、行きには片側しか使ってなかったスーツケースが、帰りは上に乗っても閉じられないほどパンパンでした。
そんなにお金は使ってないはずなんだけど・・・ 食料買い込み過ぎかしら。

そして途中で寄った免税店&コンビニでは、余ったウォンを使いきろう!というコンセプ トの元に、またもや食料を買い漁る。
アンタ達・・・ 限度という言葉を知らないのかい?!
それでもキンパ&チョコマン、それからババアの笹かまはおいしくいただきましたけれど。

コンビニでお買い物 あんまん 空港でもモリモリ



出国

深夜 3:30の飛行機で韓国発。
今回の旅で印象に残ったのは、韓国人の温かさです。
一見無表情で恐そうに見えて、やっぱり日本人て嫌われてるんだろうか・・・って思ったりもしたけど、話しかけたり質問したりするとものすごーーく優しく教えてくれるの!

食堂のオモニ、やたらと観光客のシャッター押してあげようと近づいてくるオヤジ (←実はカメラ盗まれるかと警戒した。ごめんなさい)、足浴剤を必死で探してくれた店員さんなどなど、みなさん本当にありがとう!

我々は見せかけだけの国籍によって分かたれていれども、
元は顕著な類似性を示す一つの民族なのだ!
(↑チェ・ゲバラ風)
とちょっぴりキュンとした思いにかられたのも事実。

まあ何はともあれ、今回はこれまででも1、2を争うほど楽しい旅でした。
よく食べてよく笑った!

結局、楽しみにしてたあかすりも男女混合サウナもチマチョゴリ試着も行かず、
ひたすら食べて食べて食べまくり。
ジェットゲロ吐いてまで飲んだピルは何だったの?!

しかしながらチーム・メタボリックスの名に恥じぬ素晴らしき食べっぷりには
ウナ断念も悔いなし!これでいいのだ!
同行者のみなさん、どうもありがとう!
また食い倒れツアーしようね♪

KOREA人文字選手権開催!
KOREA人文字選手権



<<・・・PREV
NEXT・・・>>

テーマ: 韓国旅行 * 旅行 | TB :0 | CM :0
TOP ↑

ソウル2日目

韓国旅行記 >> 1 2 3 4 5


ホテル付近を散策

ホテルの部屋からの景色 MTV

13:00に出発する約束のはずが、11:30に部屋のチャイムが鳴る。
「散歩行かね?」 男子チームから突然のお誘い。
しかしながら寝不足&どすっぴんなのでお断りさせていただく。

早朝 (でもないか) アポなし訪問は勘弁してください!
女子チームが二度寝している間に男子チームは仁寺洞(インサドン)で朝屋台を楽しんできたらしい。お土産に焼き栗いただきました。


今日はゲイくんのお友達・ソウル在住の安(アン)さんが街を案内してくれるということなので、近所を散策して到着を待つ。
ホテルの周りは、MTVとか映画館のキレイな建物のすぐそばに昔ながらの小さな印刷屋さんとかカツラ屋さんがあったりして、古さと新しさがごちゃまぜになった何ともいえない雰囲気。

麺打ちオジサン カツラ屋さん



安さんと合流、オモニの店へ

日本語ペラペラの安さんに連れられて
細い路地に入ったところにあるこじんまりとした食堂へ。

息子さんが近所の学校や工場にお昼の出前をするような
家族経営&地域密着型のお店らしい。

小上がりのお座敷席みたいなところに上がり、
座布団がずいぶん薄いわねぇと思ったら、
オンドルという床暖房が入っていてお尻がポッカポカ!
薄くて正解!ほっこりする~♪ p(>▽<)q

もちろんメニューはオールハングルなので、オーダーはすべて安さん任せ。
スンドゥブ(豆腐鍋)、カムジャタン(ジャガイモ入り豚肉鍋)、テンジャンチゲ(韓国味噌汁)などなど。 どれもこれもウンマイッ!

スンドゥブ

ここで安さんに韓国語レッスンをしていただく。
実は今朝入った食堂で、「スミマセン」 と呼びかける言葉も分からず、
オーダーしたくても気付いてもらえないということがあったのだ。
(隣の席の親切な若者が代わりに呼んでくれた)

安さんから教えてもらった単語をメモってその場で発声練習。

  「カムサハムニダ」  (ありがとう)
  「チュオー」 (さむい)
  「チャルモッケスムニダ」  (いただきます)
  「アジュンマー、スンドゥブ マシソヨ!」  (おばちゃん、スンドゥブおいしいです!)
  「ナ イップダ」  (私はかわいい)
  「ノ モッチダ」  (あなたはかっこいい)


何を食べてもマシソヨ連発の私たちに気を良くしたのか、
お店のお母さんが焼魚やこの秋漬けたての若いキムチなど 裏メニューを出してくれる。
この漬けたてキムチを手でちぎって食べるのが韓流らしい。
ちょっと酸味が強めでいつも食べてるのとは一味違うキムチ、マシソヨ!


焼き魚とかキムチとか ハングルレッスン

このお母さんがすごく温かい人で、まるで前世で生き別れた親子のように愛情が芽生えてしまった。
「オモニッ!カムサハムニダーッ!」 (お母さん、ありがとう)
「サランヘヨ!」 (愛してるヨ! ←そこまでは言ってない)

最後はウルルンばりにハグ&記念撮影をしてお店を後にする。
安さんがいなかったら絶対あそこには入れませんでしたよ。
しかもごちそうしてもらっちゃったし。
安さん、ホントにどうもありがとう!

オモニ



景福宮 (キョンボックン)

地下鉄で景福宮ヘ。
ここは李朝時代の1394年に建てられた韓国最大の古宮。
1000ウォン札にも載ってる有名観光スポットです。

地下鉄の駅を出ると風が強くてものすごーーーーーく寒い!
手袋を持ってこなかった夏ネエはほとんど仮死状態。
でも入り口に立ってる守門将のみなさんは薄着なのに微動だにせず。すげー。
塀に囲まれた王宮内に入ると風が遮られて寒さが和らぐ。

景福宮

ソウルっ子のくせに初めて来たという安さんと一緒に王宮内部を見学。
昔から歴史が苦手だそうで、質問には一切お答えしていただけませんでした(笑)。
なにはともあれ天井や柱に描かれた模様が美しいです。

ちなみに安さんはここでかなり大量に写真を撮ってたんだけど、
後で見せてもらったら写真を撮りまくる私たちを撮りまくってた模様。
なかなか面白い方です。




続いて同じ敷地内にある国立歴史民族博物館へ。

国立歴史民族博物館

お恥ずかしながら、韓国の歴史についての知識はゼロに近い私。
ハングル&英語の説明しかないのと閉館間際だったのとで駆け足で回る。
とにかく外の寒さから避難することが一番の目的だったのでまあよしとする。

昔のヒト 昔の絵



タクシーを求めて街をさまよう

落ち葉を踏みしめる


夕食を食べるにはまだ時間が早いので、続いてはNソウルタワーへ。
なかなかタクシーが拾えなくて20分近く街をさまよいました。
焦る皆さんを尻目に、のん気に写真をとりまくるワタシ。
ソウルの街は落ち葉がすごく多くて道路は黄色のじゅうたんみたい。ステキ!



Nソウルタワー

Nソウルタワー

無事にタクシーを拾って南山に到着。
ここからロープウェイに乗って、山頂にあるソウルタワーを目指します。
韓流ドラマ「美しき日々」のロケ地となった観光スポットらしい。← 見たことないけど。

2005年にリニューアルされて、東京タワーよりは小さいけれど、
山の上なので360度パノラマの展望台は最高!
すんごくすんごくすんごく寒いけど、風が強いぶん空気が澄んで
夜景がすんばらしくキレイ!!
映画「グエムル」の舞台になった漢江(ハンガン)もオレンジにライトアップされてました。

夜景 夜景(漢江)


ソウルの若者の間でも定番デートスポットらしく、
展望台のベンチでピッタリ密着するカポーの真横で ニョキッとポージングしてみたり、
寒い中 数十秒ローーーングキスをする二人を横目に
ワールドカップ記念(?)のサッカーボール型植木でヘディングシュートしてみたり、
ポスターとチュウ写真撮ってみたり。

アホ丸出しで大はしゃぎです。うしし。
テンションあげあげでした↑↑↑

ちなみに、タワー内のベンチもオンドル仕様。
お尻がポカポカするとホントに幸せ☆


ポスターとチュー写真 展望台でニョキッ! ヘディングシュート



下山、南大門市場

南大門市場

ソウルタワーで思う存分大暴れした後
ロープウェイ乗り場の電気ストーブでお尻を温めてから下山し、
夕食を食べるために新村(シンチョン) まで徒歩で移動。

凍死寸前の夏ネエが途中の南大門市場で手袋購入(約250円)。
しかしながらホテルに戻るまでに片方紛失。。。ご愁傷様です。
市場ではメガネとか皮製品とか衣料品とか、何でもお手頃価格で手に入るらしい。
時間があったらゆっくり見てみたかった~!



夕食

ランチ&一日案内してくれたお礼に、夕食は安さんをおもてなしすることにしました。
安さんからのリクエストにより、サムギョプサルに決定!
日本でさんざっぱら練習(?)してきた豚バラ焼肉ー♪

辛ミソ付のコチュジャンサムギョプサルを注文したものの、
私が辛さにやられてハアハア言い出したので
気を使ってくれた安さんが焼く前にお箸でコチュジャンを除去してくれました。
韓国男、すごい優しい~!

コチュジャンサムギョプサル


さらに、周りの人が青唐辛子にミソをつけてボリボリかじってるのを見て
ソソられてしまったワタシ。

カライモノ苦手なくせにちょっぴり先っちょをかじってみたら・・・ 
ん?辛くない!
ピーマンみたいでおいしいよ!
と調子にのってかじりつづけたら・・・

ひぃぃぃぃぃ~! !!

唐辛子って種が辛いんですね。辛いというよりむしろ痛い!!
泣きながらおしぼりで舌を拭きました (T_T) 
安さんバカウケ。 死ぬかと思った・・・

ところで、キムチやナムルはだいたい無料で
お代わり自由なお店も多いんだけど、
テーブルがあまりにもいっぱいになっちゃったので、酢の物を急いで食べて
”コレ、下げてください” という意味で店員さんに空いたお皿を手渡したところ、
笑顔でお代わりを持ってこられてつい苦笑い。

韓国や中国では、出された食べ物をキレイに食べ終えると
お代わりが出てくることが多いらしい。食べきる=足りない、と思われちゃうのかしら。

もしかしたらあえて残すのがマナーなのかも。
文化の違いって面白いね。

ちなみに新村は学生街。
隣のテーブルでは8人くらいの学生が合コンみたいなことをしてました。
イマイチ盛り上がりに欠けてたけど・・・
個人的には、赤いカチューシャの女子にがんばってほしかったです。


帰り際にお店の人がくれたティッシュにはあやしげなチラシが入ってました。
安さんの説明によると、風俗の出張サービスのようなものらしい。
写真撮ったら 「ダメダメッ!」 と止められました。
↓そんなにマズイこと書いてあるの??

巨大キムチ ソウル合コン 何て書いてあるか不明



ロッテマート

焼肉の後、安さんのボーイフレンド・大和(テフ)くんが合流。
これからおデートらしい。いやん。 
地下鉄の車内で二人とお別れ。
安さん、一日どうもありがとう!日本に来たらまた会おうね!

安さんと別れた後、ソウル駅前の大型スーパー・ロッテマートへ。
もう24時近いのに人がわんさかいて、子供2人くらい余裕で入っちゃいそうな
巨大なカートにガンガン品物を入れてくソウル市民たち。
週末なので買い出しに来てるのかも。

日本に比べてそれほど安いわけでもないのに
そのスケールの大きさに舞い上がり
お土産のお菓子&食材買いまくり!

1000ウォンショップ  コチュジャン カニ!

ホテルに帰って今日の写真を見返しながらまた爆笑。
寒かったけど楽しかったねぇ。
明日はもう最終日!
悔いのないように遊びつくすぞー!



<<・・・PREV
NEXT・・・>>

テーマ: 韓国旅行 * 旅行 | TB :0 | CM :0
TOP ↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。