PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

スペイン7日目(最終日) アムステルダム

スペイン旅行記 >> 1 2 3 4 5 6 7


スペイン出発

雨の朝

ついに スペインともお別れ。
この日は朝からどしゃ降りで、風もびゅんびゅん吹いてる。
バルセロナの空も俺達が去るのが悲しくて泣いてやがるぜ。(←裕次郎風)

私ももちろんさみしいけど、過密スケジュールを無事にこなせた達成感がひしひしとこみあげる。あぁ、ハードな一 週間だった。
この旅を振り返って何よりも幸運だったのは、天気が良かったことと、事件・事故・ 病気がまったくなかったこと。ありがたや ありがたや。



アムステルダム 半日観光 (参考:オランダの地図

今回は飛行機の乗り継ぎで待ち時間が8時間もあったので、
オプショナルの半日観光に参加することにしました。
オランダは私にとってまったく未知の国。ドキドキです!

アムステルダムのスキポール空港に近づくと、窓からたくさんの運河と色とりどりのチューリップ畑が見える。
家と畑と運河がきちんと並んでいて、整備された街、という印象。

水車

オランダといえば風車とチューリップ。
オランダは国土のほとんどが海抜0m以下だったため、運河を整備して 風車をたくさん作って 水はけのよい土壌を自分達の手で作ったらしい。

残念ながら一面のチューリップ畑は見れなかったけど、
天気が良くて、思ってたより暖かくて、大きな運河が静かに流れてて、風車はすごく大きくて、なんだかとってもほのぼのした気分になりました 。来てよかった~♪

チューリップ


さて、ここでオランダの豆知識。(ガイドさんから仕込みました)
・ 平均身長は、男性 175cm、女性 170cm。かなりデカイです。
・ 国の保障制度が充実していて (その分税金が高い)、排気ガスのCO2削減目的
  からなのか、自転車を購入すると国から数万円の奨励金がもらえるらしい。
・ 「飾り窓」 という国が認めている売春宿があり、売春婦のための労働組合もある。
・ オランダではマリファナの摂取が認められており、重度の薬物依存症の人には
  治療の一環としてマリファナを投与している。街には「コーヒーショップ」という
  お店があり (カフェとは別物)、18歳以上であれば気軽にマリファナ購入可能。
・ ちなみに日本人の場合はオランダ国内であっても所持・摂取は違法となるので注意

ふぅぅ。勉強しました。



運河と跳ね橋

街をバスで走っている間、ずーーーっと目に付いていたのが運河と橋。
運河の国オランダでは、道路の上も下も、なんと飛行場の上にまで運河が通っているそうです。そこで活躍するのが跳ね橋。

跳ね橋というのは、船が通る時に持ち上がる橋のこと。
わりと頻繁に持ち上がって、おそらく10分間くらいかかると思うんだけど、車は我慢強くひたすら待ってます。
「跳ね橋渋滞」 とかって起きないのかしら??

↓クリックで拡大
跳ね橋



ガッサンダイヤモンド研磨工場

アムステルダムは ダイヤモンドの研磨技術が世界でもトップクラスらしい。
このツアーもガッサンダイヤモンド社がスポンサーになっていて、研磨工場を見学するという条件で たったの8ユーロ (約1,100円)だったりします。
そんな大人の事情により、一同は工場へ強制連行。

30人くらいのツアーが2チームに分けられ、それぞれに日本人担当者がついてきます。
初めにダイヤモンドの研磨方法を見学。職人さんがダイヤでダイヤを削ってます。

↓写真はダイヤモンドの原石 「アムステルダムの涙」。
ルパンに出てきそうなネーミング。そしてかーなーり、デカイ!!(直径10cm程度)

アムステルダムの涙

研磨の見学もそこそこに小部屋に連行され、担当の方 (かなりベテランぽいオネエ) から ダイヤモンドの ”4C”についての説明を受ける。(caratとか cutとか)

そして出ました!
サンプルと銘打った金銀財宝の数々。
指輪もネックレスもピアスも、でっかいものからちっこいものまで じゃんじゃん出てきます。普段ダイヤなんて簡単にさわれない私たちは最前列でがぶりつき。
大はしゃぎで試着しまくりました。 (ただし試着のみ)  

  オネエ  「日本で 買うより断然お得です。こちらでオーダーいただければ、
  本日ホテルにお届けもできます。
  もちろんクレジットカード もご利用いただけますのでご安心を。(にっこり)」


結局 一時間ほど軟禁され、我に返った時には空港に戻る時間でした。ショッキング!
あとは帰り道にバスの車窓から街並みを眺めるのみ。
アンネ・フランクの隠れ家とかあったのにぃ。。
ダイヤモンドに踊らされて、観光という名のもとにモウレツな営業をうけてることに気付かなかった私たち。不覚・・・
まあでも 格安でオランダまで来れたし、乗り換え時間もつぶせたからよかったよね。


↓ユダヤ人集会所。
ユダヤ人集会所

↓アムステルダム駅。
東京駅のモデルになった駅らしい。丸の内口にそっくり!
アムステルダム駅


ってなわけで、今回の旅は 無事終了。
帰りの飛行機では、みんな爆睡。ほとんど会話もなく、ひたすら眠る3人組。
成田に着いてからお茶をして、デジカメ見ながら爆笑。かなり楽しい旅でした。
マキちゃん、チイ、どうもありがとう!お疲れさまでした。


☆おまけ
SPAIN 人文字してみました。 ・・・読める?

人文字 SPAIN



<<・・・PREV
スポンサーサイト

テーマ: オランダ * 旅行 | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/225-dd16977b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。