PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

イギリス2日目 イースト・サセックス

イギリス旅行記 >> 1 2 3 4 5 6 7


7:30 出発

マークさんのバン

今日は私のリクエストにより
イングランド東南部 イースト・サセックス州 までドライブ。
マークさんご自慢のオレンジのキャンピングバンに乗り込んでいざ出発~!!

空は曇り空。
天気予報によると、今週一週間は荒れ模様らしい。
せっかく梅雨の日本を脱出してきたのに、こっちでも雨だったら残念だよねぇ・・・
と話していたら、すごい勢いで雨が降ってきた。

あああああー、雨女の本領発揮。。

同行者のずんこが自称晴れ女らしいので
ここはなんとかがんばってもらいたいところ! (>_<;)



イーストボーン

1時間ほどで海辺の街、Eastbourne に到着。
ここは退職した人々がたくさん住むマリンリゾートらしい。
カーブした海岸線に沿ってカラフルな別荘がズラーっと並んでいて、
日本で言うなら逗子とか葉山みたいなイメージ。

雨が上がって少し晴れ間が出てきて
エメラルドグリーンの海がキラキラ輝いてすごくキレイ!! 

イーストボーンの街並み イーストボーンのビーチ

イーストボーンから海沿いの道を西へ進む。
途中何度も小高い丘を通り抜けたんだけど、
白い雲がすごく近くて、見渡す限り緑の牧草地が広がって、

思わずシャウト。
「イインダヨ!グリーンダヨ!」

見渡す限りの牧草地

歩くずんこ 白い雲が近い



セブン・シスターズ

お目当ての Seven Sisters に到着。
駐車場に車を止めて、海辺までは徒歩。
草ボウボウの田舎道で すっかりアドベンチャー気分。
白鳥とか牛とか羊とか馬とか、かなりのどかな風景が続きます。
天気はどんどん良くなって、日差しが暑い!

田舎道 牛たち


マークさんの頭が汗で輝き始めた15分後、ついに海辺に到着。

南イングランドの海辺は
白亜の断崖・ホワイトクリフがずーっと続いていてるんだけど
ここは7つの大小の丘を姉妹に見立てて 「セブン・シスターズ」 と呼ばれてるらしい。

右側には緑の牧草地、左側には青い海と白い崖。
最っ高の景色!まさに絶景。

ドーンッ!!

セブン・シスターズ全景


崖ギリギリまで行けるけど、手すりがないので
下を覗き込むのもかなりドキドキ。
勇気を振り絞って、なんとか寝ころがったまま下を写真撮影。
風が強くて波も高くて迫力満点です。

セブン・シスターズ 乗り出して撮った写真


一番奥まで歩き、崖の先端でしばしお昼寝。
3人ともまったくしゃべらず、聞こえるのは波の音とカモメの鳴き声だけで、
本当にリラックス♪

セブン・シスターズってそれほど知名度は高くないし、
ガイドブックにもあんまり載ってないけど、
かーーーーなり、オススメです!!

崖と浜辺 先っちょ
セブン・シスターズ 一番先っちょでお昼寝



ロングマン、 ワインショップ、 パブでビール

イギリスには、ナスカと同じような古代の地上絵のようなものがあるらしい。
ネットで調査しても日本語の情報が少なくて詳細は良く分からないんだけど、
山の上に突如現れる白い地上絵にはビックリ。
「The Long Man of Wilmington」 というらしいです。
他には鹿の絵もあったよ。

ロングマン

続いて、イングリッシュ・ワインショップに立ち寄る。
スパークリング・ワインを試飲させてもらった。
イギリスワインは白がメインらしい。
フルーティで飲みやすかったです。

マークさんは水曜日のBBQパーティに備えてワインを数本、
私は手作りジャムとハチミツを購入。
ストロベリー&シャンパンとか、ラベンダー・オレンジ・マーマレードとか、
日本じゃなかなか見かけない珍しいジャムが
たくさんあって舞い上がっちゃった。

ランチはフィッシュ&チップスを食べようということになり、
お店を探してウロチョロ。

ようやく見つけたパブに入ったけど
夕方近かったのでランチタイムは終了。
飲み物しかオーダーできませんでした。
ガッカリ
でもなかなかステキなパブでした。→ THE GIANT'S REST

English Wine Shop The Giant's Rest



ブライトン

南イングランド最大のリゾート地 Brighton に到着。

ブライトン・パレスピア

遊園地や博物館があって賑やかな街。
ちょうど市民バイクレースが行われていたこともあって
道路も沿道もすごい人だかり。

テイクアウトのお店でフィッシュ&チップスを買い込み
海辺に座っていただくことに。

20cm以上ある巨大な揚げたてのフィッシュ&チップスにビネガーをたっぷりかけて・・・

ンマーッ!

たくさん集まってくるカモメたちにビビリながらモリモリ食べ続けた。
本場のフィッシュ&チップス、最高デス!

ちなみに、後で知ったんですが
ブライトンはイギリスでの ゲイのメッカ らしいよ。

フィッシュ&チップス バイクレース



スリランカ・インド人街へ

インド人街の八百屋さん

帰り道は時差ボケ&疲労により二人とも爆睡。マークさん、ごめんねぇ。
ロンドンへ戻り、これまたマークさんが以前住んでいたスリランカ人街でディナーをする予定だったんだけど、昼食が遅かったためお腹はすいてない。
急遽デリでのテイクアウトに変更。

その後、ホテルまで送ってもらい、20時頃お別れ。
日本からのお土産を車に積んでもらう。

マークさんへのお土産

部屋に戻ってから気付いたんだけど
今日一日でかなり日焼けしたみたい。

顔は日焼け止めを塗ってたので無事だったけど
腕には七分袖と腕時計の跡がくっきり!
セブン・シスターズでのお昼寝が極めつけだったのかも。
ヨーロッパはやっぱり日差しが強いのね。。



<<・・・PREV
NEXT・・・>>
スポンサーサイト

テーマ: イギリス旅行 * 旅行 | TB :0 | CM :2
TOP ↑

COMMENT

自然スゲー

三十路メタボ | 2007/06/28 01:03 | URL |

三十路メタボさんへ

スゲーでしょ!!
セブンシスターズはかなりオススメです。
イギリスと言えば、薄曇りのロンドンのイメージが強かったけど、
今回いい意味で覆されました。

いけこ(管理人) | 2007/06/28 02:11 | URL | EDIT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/269-0c87b168

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。