PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

イギリス3日目 ロンドン

イギリス旅行記 >> 1 2 3 4 5 6 7


9:00 出発

朝食

マークさんは仕事があるので、今日から水曜午後まではずんこと二人で行動。
今日は朝から小雨。
本当はイングランド南東部・ケント方面に足を伸ばそうと思ってたけど、
急遽ロンドン市内観光に予定変更。

まずは Day Travelcard を購入。
ロンドンは、バスが2ポンド(=約500円)、地下鉄はなんと初乗り4ポンド (=約1,000円)! Day Travelcard ならバスと地下鉄が一日乗り放題で5.2ポンドなので断然お得です。

Day Travelcard



ビッグベン、 ウェストミンスター寺院

地下鉄の West Minster 駅を出ると目の前にテムズ川とビッグベン(国会議事堂)。
これを見るとロンドンにやってきたなぁという気になる。
15分ごとに鳴る鐘の音が美しい。
いつ来ても曇り空なのがまたさらにロンドンぽさを強調してる気がします。

ビッグ・ベン

観光客の人ごみをかき分けかき分け、ウェストミンスター寺院まで歩く。
ウェストミンスターには寺院と大聖堂があるんだけど、寺院の方が断然有名。
キリスト教信者でない私には Abbey(寺院) と Cathedral(大聖堂) の違いがイマイチよく分からず。。

ちなみに↓この写真、観光客はここでバシバシ撮りがちなんだけど、実は裏側らしいw

ウェストミンスター寺院裏側

ウェストミンスター寺院の壁 ウェストミンスター寺院の壁


寺院の正面は、実はコチラ。
前にも来たことあるし、貧乏旅行なので内部見学は省略。
ウェストミンスター寺院正面



バッキンガム宮殿

途中、買い物をしながら街を歩き、バッキンガム宮殿へ。
お目当ては、11:30の衛兵交代。この時期は毎日行われてるものだし
雨も降ってるのにすごい人だかり!!

衛兵の交代

バッキンガム宮殿前のモニュメント バッキンガム宮殿の門
門の中の衛兵 グリーンパーク付近


それにしても、この儀式を毎日行うってなかなかすごい事だと思う。
女王様ってやっぱすごいわ。


馬にまたがった警察官が交通整理をしてました。カッコイイ。
馬にまたがった警察官


隣接するグリーンパークの中を通り抜けて、さらに街の中心部に進む。
途中で止んでいた雨がまた降り始めて、すごいドシャブリ!!
大きな木々が少しさえぎってくれるとは言え、大粒の雨がじゃんじゃん降り注ぎます。
街中のスーパー MARKS & SPENCER で少し雨宿り。

雨のグリーン・パーク



昼食

ずんこのリクエストにより、今日のランチは中華。
Queens way 駅の目の前にある 「マンダリンキッチン」 というレストランへ。
彼女が昔イギリスに住んでた頃に行って、感動したお店なんですって。
口コミで広まった知る人ぞ知る有名店らしい。

マンダリンキッチン

ここのロブスターは、なんと 時価!!
高級お寿司屋さんみたい。
時価って一体おいくらなのよ?!
・・・ まあでもせっかくだし一回くらい贅沢してもいいかな。。

店員さんに確認すると、今日のロブスターは22ポンド (=約5,500円) とのこと。
スパークリング・ウォーターと中国茶、それから北京ダック、野菜の炒め物、ロブスター・ヌードルをオーダー。(←舞い上がって頼みすぎた) 
2人分でしめて52ポンド
サービス料を含めると60ポンド弱!
あわわわわっ、ランチで一人7,000円を超してしまったYo!!
ボリュームが多くて食べ切れなかった分はもちろんお持ち帰り。

ロブスター・ヌードル 北京ダック


ちなみに、私たちの隣のテーブルでは、駐在妻と思われる日本人女性3人組が優雅におしゃべりしてました。
いいなぁ。この人たち、ダンナ様が働いてる間にダンナ様が稼いだお金で高級ランチかぁ。私もいつかああなりたいっ!! (切実)



ノッティング・ヒル

地下鉄の路線図を見ていたら、Queens way の隣の駅が
Notting Hill Gate だと気付いた。

ん?これって、あのノッティング・ヒル?
やーん、行きたい行きたい!ゼヒとも行ってみたい!!

というわけで、思いがけず大好きな映画 「ノッティングヒルの恋人」 の舞台へ。

ノッティングヒルの恋人

頭の中では映画のテーマソングの 「She」 がエンドレス・リピート。
テンションあげあげ

でも、駅を出て少し歩いてもいたってフツーの街。
ふむむむむ、私の求める街並みはどこに?!
住宅街を抜け、分からないままどんどん脇道を歩いていき、ようやくアンティークショップやマーケットが並ぶ通りにたどり着く。

マーケット

これこれ!これこそ私が求めてたもの!
アナ (ジュリア・ロバーツ) にフラれたウィリアム (ヒュー・グラント) がマーケットを歩いて、バックの四季だけがどんどん変化していく有名なシーン (Ain't no sunshine) があるの。まさにそんな感じの場所に来れた!
映画に出てきた青いドアの本屋さんは残念ながら見つけられなかったけど、大満足。

ちなみに 調査によると、あの青いドアは脚本家のリチャード・カーティスの家だったらしい。
でも映画の後で観光客が大量に押し寄せたため、青いドアだけオークションで売ってしまい、現在は黒いドアになってるそうです。

Notting Hill Gate駅 クリケットボール



ショッピング

ニュー・ボンドストリート

バスに乗り、Marble Arch にあるロンドン最大のデパート Selfridge's へ。
そこからニュー・ボンドストリートを歩く。ここは高級ブランドショップがずらりと並ぶセレブ御用達通り。
イギリス風に言うなら 「Posh」

「Posh」 はマークさんが好んで使う言葉で、
高級な、上流階級の、貴族的な というような意味。
ニュアンスとしては 「セレブ」 がもうちょっと上品になったような感じかな。

で、ここはまさに Posh なストリート。
道行くイギリス人たちもブランドもののバッグを持ってる人が多い。
こんなにこれ見よがしにブランド品がためな外国人って初めて見たような気がする。
小汚いネパール製バッグをななめがけしている自分を恥ずかしく感じながら、ヴィトンやシャネルを見て回る。

ちなみに、↓はシャネルでもカルティエでもなく、フツーの道路の柱の写真。

シャネルマーク? ピカデリー・サーカスの街並み


ピカデリー・サーカスを抜けて、Fortnum & Mason へ。
ここで有名な紅茶とショートブレッドをお土産に購入。
エメラルドグリーンの缶が高級感あふれてステキ。
自分用に買ったマンゴーティーはすごーく良い香りでした♪

ちなみに、さすが王室御用達の高級食料品デパート。
65gのフォアグラ缶がなんと97ポンド(=約25,000円弱) くらいで売ってました。
どひゃ~っ!!

ピカデリー・サーカス フォートナム&メイソンの紅茶とショートブレッド

5時半を過ぎたくらいから、街中のパブにはサラリーマンが集まる。
スーツ姿のイケメンたちがお店の外まではみ出してます。
女性の姿はまったく見当たらず。男の社交場?
でも看板を見る限り、やっぱりちょっと近所迷惑だったりするらしい。

↓これは有名な 「The Red Lion」 というパブ

Red Lion パブの看板



夕食

庶民の味方、MARKS & SPENCER でイチゴを買い、ホテルへ戻る。
昨日買ったスリランカのデリとランチの残り、それからイチゴが今日のディナー。
マークさんがアレンジしてくれたスリランカ料理たちはかなり辛くてあまり食べられませんでした。それほどお腹は空いてなかったこともあり、ほぼイチゴだけでディナーを済ませる。

夕食



<<・・・PREV
NEXT・・・>>
スポンサーサイト

テーマ: イギリス旅行 * 旅行 | TB :0 | CM :2
TOP ↑

COMMENT

おかえり~

すごい楽しそう♪
ごはんもめちゃめちゃ美味しそうなんだけど。
映画のような出会いはなかったのかしら??

ぴよ | 2007/06/26 08:48 | URL |

ぴよちゃんへ

ただいも。
ゴハン、おいしかったよ~。
大枚はたいた甲斐はあったわv-392v-426
映画のような出会い・・・??
何のこと?!ってな感じです。。

でも今日見た占いには
今月は運命的な出会いがあるって書いてあったのv-10
・・・信じていいんでしょうか。。土曜日がんばるー

いけこ(管理人) | 2007/06/26 21:57 | URL | EDIT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/270-be1f9380

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。