PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

ごめんねダーリン

月曜日、「あいのり」を見ていたら、えええー!というような事件が起きて、あまりのショックで泣いてしまった。
アウトローかわいそすぎるっ!!せっかく良い子になりつつあったのにあれじゃまた歪んじゃう!(失礼)とか。
   
この気持ちを誰かと分かち合いたくて、ミクシィのあいのりコミュニティを覗いてみたところ、私と同じ気持ちになった人がたくさん見つかった一方で、冷水を浴びせるようなヤラセ説もそれ以上にたくさん書きこまれていた。
ああ、確かにそうかもとは思ったものの、でもやっぱり聞きたくなかった。。
知らなかったらもっとピュアに楽しめたのに!
   
 ↓ちなみにこんなことが書いてあった (ドラッグで表示)
  ・ プロの音声エンジニアがあんなミスをするはずがない
  ・ そもそも数メートル離れたところに座っていたアウトローに
    ヘッドフォンの声が聞こえるはずがない
  ・ 掟破りのゴキを帰国させるために番組が仕込んだことだ
  ・ でもこの前、中野のドンキでゴキとアウトローが仲良く買い物してるの見たよ
  ・ やっぱりあの番組ぜんぶヤラセなんだよー      などなど

  
  
ところで先日、友人らと飲みに行ったところ、以下のような話を聞いた。
私の昔の恋人が私と付き合ってた (と思われる) 当時、社長に連れて行かれたクラブで、社長お気に入りのホステスさんに気に入られてしまい、強烈なメール攻撃を受けて困っていたということだった。
ぎゃはは、ネタとしては最高に面白い。かなりウケた。
でも、ワタシ、その話、聞いてませんけどっ?!
   
当時カレは比較的何でも話してくれていただろうと思ってたのに、こんなに彼好みの面白ネタを隠していたなんて!
事実、友人には報告してたのに私には話さなかったということを考慮すると、
私に余計な心配されるのが面倒くさかったのか、それともそのホステスさんと実際
のっぴきならないところまで行っちゃってたのかは知らないが、
まあヤツもいろいろ考えた結果、黙っていたほうが良かろうと判断したんでしょう。
     
この世の中において、正直さは美徳とされている。(多分)
「ぁたしたちぃ、ウソも隠し事もしない約束してるの。そんなことで崩れるような関係じゃなぃしぃ、何でも正直に話してくれると信用してくれてるんだって嬉しく思ぅし。ねっ、
まぁくん☆」 (←まぁくんてダレ?) 
というようなカップルも結構いそうな気がする。
  
かくいう私もそうだった。
何でも話し合える親友のようなパートナーを探し求めて30年。
先ほどの話で、もしも逆の立場だったら、ワタシ、絶対話しちゃってただろうと思う。
だってそんな面白いネタを黙っていられる性分じゃないし。思い起こせば、もっとヒドイ報告をいくつかしてしまった気がする。今さらながら申し訳ない。
 
そもそも、なぜそんな話をしたいかと言うと、 「面白い話をしたい」、 「私のことイイって言ってくれる人は他にもいるんだよ!と牽制したい」 という自分の欲望が先走っちゃってるからであって、それによって相手がどう感じるかということはほとんど考慮してなかったりする。
  
もしも当時の私がその話を聞いたとしたら、まあ多分変な勘繰りはしなかっただろうと自分では思うものの、ほんのちょっぴりわずかにもネガティブな感情が芽生えないと言えばウソになるし、もしも虫の居所が悪いときだったりしたら、「ハ?なんでそんな話を私にするわけ?」 とキレないとも言い切れない。
何より、当時は何も知らず、彼を100%信じきって心穏やかに過ごしていたことを考えると、やっぱり彼の選択は正しかったと思われる。どうもありがとう。
 
似たような話で、
昔TVで、「たとえ裸でベッドに入ってるところを目撃されたとしても、絶対に何がなんでも浮気を認めてはならない」 と言っている芸人さん (たしか島田紳介さん) を見て、
男って、サイアク! と思っていた中学生のワタシだが、今ならその真意が分かる。
一番大切な人との関係を守るために、ウソをつくという罪を負っているのだ。
(関係を守りたいなら、そもそも他の女とベッドに入らない方がいいとは思うけど) 
  
やっぱり、正直さは美徳ではないと思う。
なんでも正直に話しちゃう人は、実は自分が楽になりたいだけだったりもするのだ。
紳介兄さん、勉強になります、オス!
 
ちなみに昨日、4ヶ月前に一度だけミーティングをしたオジさんにフレンドリーに話しかけられました。 んー、見たことあるけどこの人誰だっけ?コンパしましたっけ?? って必死で考えてたのがバレバレだったらしく、
「もしかして、オレのこと忘れた?(笑)」 って聞かれて、
ニッコリ笑顔で 「スミマセン、忘れました!」 とサワヤカに答えちゃった私は、やっぱりまだまだだと思われる。
ごめんね、橋本さん。
 
今日は暑いので炭酸水2本買い!
右はなんと、シイクワシャーテイスト!
炭酸水
スポンサーサイト

テーマ: * | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/401-af8e9042

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。