PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

ケミカル・ブラザーズ

タバコを止めてから丸 7ヶ月が経過しようとしております。うほ。
 
TVでタモリ氏が話してたやり方を試して、そのまま成り行きで人生初の禁煙に成功した (しかけている) 私だが、未だニコチン愛は冷めることなく、時には路上喫煙しているオヤジに接近してニオイを嗅いでしまったりするのだった。
 
禁煙したメリットは、
 ・ タバコを吸わない殿方とも気負わずに食事に行けるようになった
 ・ 後ろめたさから解放され、母親の目をまっすぐ見れる
 ・ 禁煙という偉業を達成した自分が誇らしい
 ・ 未来のベビちゃんへの悪影響が少しでも減っていると信じてる
 ・ 森田氏に尊敬と親愛をこめて 「タモさん」 と呼ばせていただく
 
という感じで、主に心の問題。
現実問題として、肌がキレイになったわけでもなく、節約といってもそれほどでもないし、体重はかつてないほどに増加するし、吸いたいストレスは消えないし、喫煙室友が作れなかったり、自分的にはむしろデメリットの方が目立っていたのだった。
 
私、なんで禁煙してるんだろ・・・
時にはそんな疑問に襲われて一人涙する夜もあるのだった。(嘘)
むしろ今は、”禁煙を決意した自分” を貫くために禁煙をしているわけで、最終的な目的は禁煙ではなく自己実現にすりかわっていたりするが、それもまたよし。
 
で、ここまでの話は長い前フリで、今日は最近知った 「経皮毒」 の話。
経皮毒ってのは、コンビニ弁当食べてなくても、シャンプーや化粧品などが皮膚から体に浸透して、化学物質が人体に影響を及ぼすというものなんだけど、脳に染み込んだ有害物質が若年性認知症の原因となるとか、キレやすい子供ができるとか、さらには ”生まれてきた赤ちゃんからシャンプーのニオイがする” なんてホラーのような話まで出回り、調べれば調べるほど恐怖が広がる一方。
 
そこまでいかなくても、「柔軟材のニオイが好きで、毎日必要以上に使ってたらアトピーになりました」 というような話はかなり昔にも耳にしたことがあったし、実際、私自身も20代になってから突如アトピーが発生し、ボディソープ使うのを止めたら治ったという体験もしてる。
(↑これに関しては、洗いすぎによる乾燥とか、部屋が汚いという原因も考えられる)
 
流行りのデトックスという名のもとにいろいろ試してはいたものの、どうして体内に毒がたまるのかということはあまり理解してなかった。
調べてみたら、すげーイイニオイがするあのシャンプーも、ステインをクリアしてくれるあの歯磨き粉も、男たちを魅惑するプリンプリンのグロスも、すべて毒入りでしたの。
ぎゃーーー。
 
半身浴でたっぷり汗をかいてデトックスしてます♪なんていうオネエサン方は、汗と一緒に毒素を排出する一方で、入浴剤に含まれる化学物質をグングン体に浸透させたりしてるかもしれない。悲しいけれどこれが事実。
 
いやいや、みんな気づいてるとは思うのよ、ああいうものが決して体に良いものではないということはヒトの感覚として。だって、どんなにお肌がトゥルントゥルンになるとは言え、目元用クリームを食べてみようとは絶対に思わないもの。
ただ、お肌に浸透させる=体内に吸収されるという基本的な事実を見逃していただけなのだ。
 
ちなみに、皮膚 < 頭皮の毛穴 < 性器 の順に浸透率が高いらしく、デリケートなお肌をストレスフリーにする高機能なオムツや生理用品からも我らは毒を吸収しているらしい。えー、マジで?!
と言うことは、私がひそかに普及活動を続けているコンドームも、もしかして人体には悪影響ってことなのか?

確かに、何が混ぜられてるのやらよく分からないあのかなり丈夫なゴム。そして回りについたヌルヌル(笑)。それを体内でもっとも経皮毒の影響を受けやすいと言われる性器に密着させ、なおかつ悦び勇んで出し入れしていたなんて!

きゃああーーーーーーっ!

もうヤダ。そんな有害物質を平気な顔して売りつけて利益を得ているメーカーも、販売店も、それを許してる国も、便利さと富ばかりを追求している現代資本主義社会も、何もかも信じられない。みんなダイキライよぉぉーーーぅっ!!! ハァハァ。(←大興奮)
   
で、ここまで来てようやく気付いたんだけど、ここまで化学製品が世界に広まっているのは、その毒を体内に取り入れることを考慮したとしても何かしらのメリットが得られるからであって、例えコンドームのヌルヌルに含まれている化学物質が浸透しようとも、HIVウィルスに感染したり、婚外子が爆発的に増加して社会問題が深刻化するよかマシだろうという結論から今の現実があるわけですよ。
    
確かに化学物質は人体に影響を与える。
大事なベビちゃんが毒に侵されると考えると耐え難い。
それでもこの現代日本で生活する私たちはもう化学物質を摂取せずに生きていくことは事実的に不可能なわけだ。
故に、できるだけ情報収集につとめ、かといっていたずらに恐怖心を煽るようなネタにも惑わされず、冷静にそのリスクを考慮した上で、自分なりの選択をするしかない、というのが私なりの結論。
 
まずはてっとり早く、タバコという有害物質から私を引き離すきっかけを作ってくれたタモさんに感謝。
 
今日のおやつ
オー!野菜&黒豆茶
スポンサーサイト

テーマ: 経皮毒 * ライフ | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/406-89ba97ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。