PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

バームクーヘンとタコ焼き、そしてサッポロ一番塩ラーメン

実は最近、バームクーヘンが小さなマイブームだったりする。
(↑またハマってるよ・・・)
    
ファミマで売ってる100円くらいのバームクーヘン&牛乳という組合せをもう3回くらいやってしまった気がする。(しかも夜)
この二つの相性ってサイコウだと思う。うむ。まさにベストカップル。
   
今日は職場のゲイくんのお誕生日。(32)
U嬢が日本橋三越で クラブハリエのバームクーヘン を買って来てくれることになったので、ついでに私の分もお願いしてしまった。 「食わず嫌い王」のお土産ベスト5にも選ばれた有名なモノらしい。ほほぅ。
   
で、朝から早速いただいてみると・・・ しっとりふわっふわ♪
バームクーヘン=身がしまった固いもの、というイメージをくつがえされた。
すんげーおいしーっ!!!! ってほどではないものの (もちろんかなりおいしいけど)、ついついもう一口もう一口、と止まらなくなり、あっという間に半分食べちゃいました。(直径14cm、高さ4cm) いやん。
世の中、私の知らないおいしいものってたくさんあるのね~。
    
ちなみに甘いものを食べた後は無性にしょっぱいものが食べたくなるのよね。
おかげでおやつに梅しば、夕食にみそラーメンを食べてしまったわよ。むぉー。
バーム → 水 → 梅しば → 水 → バーム → ラーメン → 水 → 梅しば
これで明日もムクミスト。
 
それにしても、知るということは、時に残酷なものだと思う。(←ダレ?:笑)
例えば、これまでレベル3 (コンビニのバームクーヘン) のもので満足してたのに、レベル5 (クラブハリエ) の良さを知ってしまったらもうレベル3では満足できない体になってしまうかもしれないってことじゃない? むむぅ。
(バームクーヘンに限ってはコンビニのものも変わらず好きだと思うけど)
 
さらに例えると、普段食べてるタコ焼きをレベル3として、どこかでものすごくおいしいタコ焼き(レベル5)に出会ってしまったとするじゃない? で、その後、友達から 「おいしいタコ焼き屋さんがあるんだ」 なんて紹介されたものが、レベル4だったりした場合。
レベル3しか知らなかった時であればレベル4でも「ウマーッ」って喜べるのに、レベル5のおいしさを知ってたりすると「うーん、まあまあかしら」 なんて感動が薄れてしまったりはしないものなのかしら。
(↑ここでなぜタコ焼きを例に出したのかは不明。食べたいのかも)
  
さらにさらに例えると、いつも車のドアを開けてくれるすげー優しい男と付き合ってしまったら、次の彼氏がどんなに優しくても、車のドアを開けてくれなかったら ”あ、開けてくれないんだ・・・” とチラッとでも不満に思ってしまうかもしれない。
 
男性は恋人の最初の男に、女性は恋人の最後の女になりたがるらしい。
確かに、「こんなの初めて☆」というセリフは男を有頂天にさせる。
 
これまで”とにかくなんでも経験してみたい!”と思って生きてきた私だけど、↑のようなことを考えてるうちになんだかちょっぴり不安になってしまった。
年齢を重ねるにつれ男を見る目が厳しくなって、さらに行き遅れるという話も聞いたことあるし。確かに、私の周りの行き遅れネエサン達 (失礼) はみな、おいしいもの・たのしいものをたくさん知ってる。目が肥えてると言えばそれまでだが、中途半端なものでは納得しない厳しさも感じられる。
     
私は例え5つ星レストランのフレンチのおいしさを知った後でも、サッポロ一番塩ラーメンのウマさをかみしめることができる人でありたいよ。
そんなことを考えた。
 
何はともあれ、ゲイくんお誕生日おめでとう。
スポンサーサイト

テーマ: * | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/426-291009f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。