PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

義理チョコに関する考察

世間はバレンタインッスね。
昨日は銀座のデパートをはしごして高級チョコを試食しまくりました。
 
ちなみにOLの 7割はバレンタインデーにチョコを渡す習慣なんてなくなればいいと思ってるらしい ()。

確かに。
恋人同士の甘~いイベントなら大いに結構だが、例えば女性社員がお金を出し合って職場の男性全員に義理チョコを配るなんてのはかなり馬鹿馬鹿しい!

第一、義理クリスマスプレゼントとか義理誕生日プレゼントなんてのは浸透してないのにチョコレートという手軽さゆえに妙にはびこってしまった義理チョコ習慣。実に面倒。
しかも最近チョコって異常にお高いし。
 
でも、今さらながら気付いた。
名前に 「義理」 がついちゃってる時点で そこにはもうロマンティックのかけらもないことはお互い承知なわけで、別に恋心を抱いてるわけではないけれどあなたとは仲良くしていたいのです、という気持ちをアピールする場としては絶好のチャンスじゃないかと。悪く言えば打算とも呼べる大人のためのイベント(笑)。
 
ちなみにネットで見かけた記事によると、義理チョコをもらった男性が勘違いをしてホワイトデーにお高いお返しをし、それを機に付き合うようになった二人、なんてのも結構いたりするらしい。 ほほぅ、義理チョコも悪いことばかりではないな。

というわけで、先日の合コンで知り合った殿方にはバレンタインメールを (←ついに私もこんなことするようになってしまった。これじゃまるで銀座のオネエさま)、
職場の上司&ゲイ君には500円の義理チョコを渡してみた。
 
まあゲイ君は女子からのチョコレートなんてまったく興味ないんだろうけど、上司の場合は小学生になる二人の娘の父親なわけで、もしかしたら家に帰って 「会社でチョコもらってきたぞ~」 なんて娘に自慢することで父としての威厳を保たせたり(?)してるかもしれない。
さらに、普段はほとんど口をきくことはないものの、別に嫌ってるわけではないんですよ (キライだけど) 的なアピールをすることによって心証がよくなったりするかもしれない。
500円ぽっきりで職場環境が少しでも改善されるんなら安いもんじゃないかと。
実際、今日は二度も話しかけられたし (←かなりレア)、挨拶をする声も妙に明るかった。やはりチョコレート効果なのか?
  
現代のOLが忌み嫌うこの義理チョコ習慣は、まさにOLが考えだした処世術だと思われる。義理チョコもあなどれん。そう実感した一日でした。
  
自分用に六花亭のストロベリーチョコ
スポンサーサイト

テーマ: * | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/453-609df582

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。