PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

がんばれ!

「がんばれ」って、どうなのよ。 ってのが今日のテーマ。
 
20代の半ば頃、本か何かで 善意で「がんばれ」 と声をかけてくれた人に対して怒りを覚える人が存在するという事実を知ってビックリ仰天したのだった。
曰く、「言われなくたってがんばってるわよっ」 とか 「私の気持ちも知らないで、簡単にがんばれとか言わないでよ」 ってなことらしい。ほほう。
 
私にとって「がんばれ」ってのは、挨拶程度に軽く使うものだったし、しかも、どちらかといえば良いニュアンスの言葉だと思ってたから、その事実ったらもう、目からウロコ並みの発見でした。
  
まあ考えてみれば、例えばオリンピックで金メダルを取る人なんてのは尋常じゃ考えられないくらいがんばってるわけで、そういう人に軽はずみにがんばれという言葉をかけるのは浅薄なような気もする。 
いや、でもさー、それはあくまで特殊な例であって、フツーの生活を送ってるんだったら、せっかく人様が思いやりの気持ちで 「がんばれ」 って言ってくれてるんだから、あえて文句言うことはないじゃんか、性格悪くね?!なんて考えてた当時の私。
 
しかーし!
すごくがんばったのになかなか報われなくて、本当にツライ思いをしているときに言われる 「がんばれ」 は、結構カチンときちゃったりするかも、と最近気付いた。

そもそも 「がんばる」 ってのはさ、頑なに張りつめた状態なわけですよ。
いわばキツキツで余裕がないわけだ。
そりゃあ 「こちとりゃ十分がんばってんだよっっ!」 って怒りたくなる気持ちも理解できるわ。
先日、実際に自分がカチンときちゃったときに初めて、 「あ、私って、結構がんばってたんだ」 と気付いた。(遅い) 
きっとこれまで私って、あんまりがんばってなかったのかしら。なかったよなぁ。。と思ったりもした。
というわけで、やっぱり軽はずみに 「がんばれ」 って言わないほうが無難なのね、と学びました。
 
とは言えとは言え、善意で応援の言葉をかけてくれる人に対して怒りを覚えるなんてのは、「私はこんなにがんばってるのに・・・(分かってくれてない:怒)」 的な、私のキライな ”のにのに”感たっぷりで、結局は単なる甘えでしかないような気がする。器が小さい。 だからあの時カチンときた自分はよくなかったな、と反省。
 
ちゅりひこ氏はよく 「がんばる人が好きだ」 って言ってた。
私はすごく甘ったれで、ちゅりひこ氏と一緒にいるときは特に全然がんばらない人だった。だからフラれたのかもしれないなぁ。 たとえフラれた男だとしても、その人の好きな私でいたいなと思うから私はがんばるよ。 なんてことを考えた。
スポンサーサイト

テーマ: * | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/480-b4fcb0e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。