PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

探偵物語

今日は 探偵助手になりました。
 
私、 仕事で 部内経理もしてるんですけど
最近 うちの部に合併したグループのケイタイ料金が すごく高額なんです。
スゴイ人だと、毎月 2万円以上。
 
で、 前任の理担当者も、どこにそんなにかけてるのか怪しんで
通話明細を発行したらしいんですけど。
内容を見てビックリ。
 
2~3日ごとに、 深夜に2時間近くとか、通話してるんです。
しかもみんな同じ番号に。
よくもまぁ そんなに話すことあるわねってくらい。
ちなみに 使用者は30代くらいの ごくフツーの男性。
  
通話明細ってね、 ホント恐いです。
見てると すべて分かっちゃうんですよね。 その人の 電話ライフが。
うわ、この日も、この日も、 え?こんな時間に? とか、
あ、これは留守電だったんだろうな、 とか(笑)。
 
通話明細と にらめっこしてる自分が、 ダンナの浮気調査してる主婦みたいで
ちょっと悲しくなりました。
 
で、Mさんに相談したところ、 探偵並みの推理開始。
これは明らかに 私用電話だ。
この時間に かけてるってことは、若い彼女か不倫相手かじゃないの~?
と テンションあがりまくり。
「この番号にかけてみよう!」 ってことになり、Mさんがチャレンジ。
さすが探偵。直接対決ッスね。強いッス。 
 
一回目は 出なかったんですけど、 二度目は 相手が出たんです!
予想通り、 女性の方でした。 きゃー。
 
かなり動揺しながらも
「弊社のケイタイからこちらの番号に頻繁に発信されているもので・・・
失礼ですが、 どちらかの 企業様の お電話でしょうか?」

とか 果敢に突っ込む Mさん。 見守る助手。
すると、 いきなり ガチャ切りされたそうです。 きゃーきゃー。
 
この電話のこと、持ち主にも 伝わるんだろうな・・・
さすがに 探偵もビビってました。
 
まあ 結局は、私用電話をしまくってる持ち主が悪いので
これを機に料金が下がってくれれば それでいいんですけど。
  
通話明細って、基本的には 契約者本人しか 発行できないモノですけど
(通信会社の お客様コールセンターで 勤務してたので知ってる)
いくらでも 本人になりすませるでしょ。
 
本物の探偵って、 こういうことを 日常的にやってるのね。
 
情報化社会って、恐いわ~。
探偵助手は 結構スリリングで 面白かったけど。 
 
スポンサーサイト

テーマ: * | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/777-5692d12c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。