PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

大晦日

昨日から朝方までネットサーフィンをしてしまい、寝たのは6時だった。
 
起きたのは 14時 ・・・とほほ。 最後までシまらない私。
急いで年賀状を 出しに行き、銀行でお金を下ろして、図書館で借りっぱなしだった本を返却。
年越しそばを食べて、部屋の大掃除が今 ようやく終わったとこ。
これからゆっくりお風呂に入って、早めに 寝ようと思う。

実家で年越しをするなんて、実は10年ぶりだったりする。
実家で、と言っても母は早く寝てしまうし、父と兄もどこかへ出かけている。
一人ぼっちっちだ。
本当は 友達とどこかで飲んで、朝方初詣に行く予定だったけど、さすがに外でオールはキツイかもと思い、ドタキャンしてしまったのだ。
スマン・・・ と思ったのもつかの間、 彼女は 好きな男から連絡が来て、 ラブラブな年越しを過ごすことになったらしい。
そうかそうか・・・

今年はおうちでゆっくり~♪ と 思ってたのに、それを聞いたらなんだか無性に寂しくなってしまった。
やっぱり年越しは仲良しの人と一緒に過ごしたいものです。

そうそう、年越しといえば、昔付き合ってた男と最悪の年越しをしたことがある。
大晦日の夜、彼が年越しそばを作ってくれていた。
手持ち無沙汰の私は 紅白でも見ようかと思い、テレビをつけた。
すると彼はアントニオ猪木の特番 (猪木ボンバイエ)を見たがった。

私がつい 「えー、ビデオ撮ればいいじゃん。猪木なんか見たくないよ!」 と言ったら彼はモウレツに怒りだし、その後どんなになだめても、一言も 口をきいてくれなかった。
気まずい沈黙の中、テレビのカウントダウンを見て眠りについた。
翌朝も無言のまま、彼の作ったお雑煮を食べた後家に帰った。
結局 その男とはそのまま別れた。
あれは 史上最悪の 年越しだったナ・・・

それに比べれば、今年は 幸せだ。
よしよし、 気を 取り直してお風呂 入ってこよ。
スポンサーサイト

テーマ: * | TB :0 | CM :0
TOP ↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://ikeko27.blog73.fc2.com/tb.php/921-02e277b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。