PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ: * | trackbacks(-) | comments(-)
TOP ↑

美冬

この前ね、Bクン宅に行こうとしたら

母 「アンタ、また彼氏の家に行くの?

と言われて、ドギマギしながらも 「うん」 って答えたら

「じゃあ、コレ持って行きなさい」 って、↓コレくれたの~

石屋製菓 の美冬
美冬


ブルーベリー、マロン、キャラメルの3種ミルフィーユを
チョコレートでコーティングしてあって、
甘いけれども確かにウマかった。
白い恋人よりイイかも。

実はウチの母、
Bクンとの交際にはあんまりイイ顔してないんですが
お土産をくれるということは 少しは軟化してきた証拠でしょうか。

母的に大ヒットだったようなので
どうしても娘に食べさせたかったみたいなんですがww



ところでところで、
ウチの兄ケンイチ氏が、来月結婚することになりましたー

お見合いだけどね。
例のヤリ手ババアの結婚紹介所ですww

どうやらすごい金持ちのお嬢さまらしく、
都内一軒家つきの女医さん (32) ですってヨ。
スゴイねぇ。
ウチの兄ちゃん、セレブ一族になじめるんでしょうか。
つーか私も、年下セレブ義姉と仲良くなれるんでしょうか。。

お見合いとはいえ、毎晩長電話してる風なので
意外とラブラブなのかもしれませんww

同じくお見合い再婚のイトコ・T子も幸せに暮らしてるみたいだし
お見合いも悪くないもんなんだなぁと最近ちょっと思ってます。

で。

でさー、兄弟のご祝儀ってどのくらい包むもんなんでしょうか?
10万?15万?? 5万でイイって話も聞いたけど??
来月ってことは、まだ無職の可能性も否定できないワタシ。
何かと出費がかさむね。。。

まあとにかく、ケンイチ氏、おめでとう!!

==========================================
☆更新情報

いけこのDVD鑑賞記 : 「シルミド / SILMIDO」

テーマ: 結婚相談所 * 結婚・家庭生活 | TB :0 | CM :0
TOP ↑

ヨシオ更生への道

今日は地元のお祭りでした。

我が家では毎年恒例の、お神輿休憩所の準備
なぜかウチの隣の空き地で毎年休憩するのよねぇ。

お菓子、果物、お茶、お酒など、たっぷり数百人分セッティング。

お神輿休憩所


お神輿は400~500kgくらいあるらしいんだけど、
過疎化 (?) の影響なのか 担ぎ手が少ないし、高齢化も進んでます。
結構ツラそう・・・
大人お神輿


↓子供お神輿
子供お神輿


ところで、前にも書いたけど、
ウチの父・ヨシオは飲んだくれで
家のことは まったく何もしない男なのね。

このお祭りの日も、ご近所の奥さん方がお手伝いに来てくれてるってのに
ヨシオは何もせず、かといってお神輿を担ぐでもなく、
お神輿にかこつけてベロンベロンになるまで酔っぱらっちゃうんだけど

なんと今年は初めて お手伝いができた のヨ!
(↑すっかり子供扱いww)


お神輿が去って片づけをしてたら
ほんのちょこっとだけど一緒に荷物運んでくれたし、
私が洗い物してたら
「なんか拭くものとかあるか~?」 って声掛けてくれたの!

ワタクシ、感動しますた
もしかして、還暦のプレゼントが効いたんでしょうか (^m^)
一回りして、ヨシオもようやく生まれ変わりつつあるのかもしれません。

「あ、大丈夫だから」 って冷たく断っちゃったのは失敗だったなぁと反省中。。
こういうとき、こっちの態度次第でヨシオも変わっていくんだろうなぁと思ったよ。

来年はどうなるのか、ちょっと楽しみです。

テーマ: ひとりごとのようなもの * 日記 | TB :0 | CM :4
TOP ↑

マルキュー還暦

今日は父の誕生日でした。

いよいよ 還暦 です

還暦


日にちは覚えてたくせに
ぼんやり過ごしてしまい、気づけば前日深夜。

ヤベー、何も用意してない・・・

赤いチャンチャンコとは言わないまでも
せっかくなので何か赤いモノがいいかなと思い、
急いでネットでリサーチしました。


にしても、親が還暦というのは なかなか感慨深いものですね。
特にウチのヨシオときたら
数年前まで飲んだくれの暴れん坊で、
タッちゃん風に言うなら 稀代のワル だったのよww

それが最近じゃ
野菜作り庭に遊びにくる鳥にエサをやること
が生きがいになりつつあってねぇ。
すっかりジイサン染みてきた感じ


ずっと反発してたから ロクに話をしたこともないし
誕生日どころか父の日もお祝いしたことなかったんだよねぇ。
お父さん、ごめんなさい。
今までどうもありがとう。



というわけで、還暦祝いには
江戸切子のグラスを贈ることにしました!




さすがに↑こんなに豪華なのは買えなかったけど
喜んでいただけたようで良かったです

夜は久々に家族4人で食事へ。
不器用ながらも温かい一日でした。



↓こんなのもいいかも。

 



12月には母親が還暦なので
今のうちから物色しておかなくちゃ。

フラワーボックス

==========================================
☆更新情報

「Check it out!」 : 秋のオサレ小物 →

テーマ: 還暦のお祝い、退職のお祝い * 結婚・家庭生活 | TB :0 | CM :4
TOP ↑

母の日カード

カリグラフィーの体験レッスンに行ってきました。

まったく知識もないままノリで申込んじゃったんですが
カリグラフィー = 西洋の書道 みたいなものらしく、
ホントに全部手書きでした。当たり前か。


今回は母の日のカードを手作りしてみましょう、というコンセプト。

↓コレが先生の作品
カリグラフィ


お手本を見ながら 基本の線とイタリック文字を書く練習から始めたんですが、
想像してた以上に難しかった・・・

イタリック体なので ちょっと斜めに文字を書かなくちゃいけないんだけど、
すべての文字を同じ角度に傾斜させるのがなかなかできない!
つーかそもそも、同じ太さの線をまっすぐに引くことすらままならない!!

いくら母親と言えども、さすがにコレじゃ贈り物にはならないかも・・・

と落ち込みましたが、
でもまあこういうのは 気持ちだし、喜ぶ素振りくらいはみせてくれるでしょう
と開き直り、なんとか最後までやり遂げました。


じゃーん!
カリグラフィ

「Y」 の字がだいぶ曲がってます。。 (汗)

肝心のカリグラフィが グダグダになっちゃったので
装飾でごまかそうとしたら やたらと派手派手しくなっちゃいました。
うむむ~。イマイチ。。


今日実家に帰って、韓国土産とともに母親に渡そうと思ってたんですが、
・ 朝方までカード作りに没頭
・ 雨降ってるし
・ 寒いし
・ 荷物多いし
・ どうやら母親も一泊で出かけてるらしい
・ 兄も帰宅は遅いらしい
・ お父さんはいるらしいけど

・・・・ やっぱり帰らないことにしました。

お母さん、ごめんね~。
帰るつもりだったからお花の手配すらしてないわ。。
来週こそ帰りまーす。(多分)

================================================
☆おまけ

ヨン様の 「太王四神記」 イベントの最前列チケットがね、
ヤフオクで 600,000円 になってました

しかもしかも!
「設定された最低落札価格に まだ達していません」 だって。
つまりは60万出してもまだ落札できないってことです。
ありえん!まじありえーーーん!!!
韓流人気って恐ろしいね。

テーマ: * 日記 | TB :0 | CM :12
TOP ↑

Role-playing

残業をしていたら、母から電話がかかってきました。
春に予定してる法事の事務連絡の後は、ひたすら結婚話。

  「いい人いないの?」
  「早く子供産まないと」


はぁぁ・・・
最近こればっかだな、母は。
ここ2~3年、会話する度にこの話題が出てくるわ。

心配してくれるのは分かってる。
分かってるけどでも、何度も言うようだけど、

できないのよっ!!!

とは言え、こちとらまだ仕事中で、会社の通路でコソコソ電話してたので
「うん そうだね、いや、私も私なりにがんばってはいるんだけどね、アハ・・・」
なんて曖昧な言葉でモゴモゴしているうちに

  「今年中に決めなさいね!」

と押し切られてしまった。決めるって、何をだ!

母からのプレッシャーは、怒りや面倒くささよりも
むしろ申し訳なさにつながる。

お母さん、モテない娘でごめんなさい

こんなことで謝罪している自分が情けないです。
弱々しく笑う娘が不憫になったのか、10分間の結婚攻撃の後、
母が話題を変えてきました。

「この前のおじいちゃんのお葬式の後、
あなたのこと いろんな人から褒められたのよ!」


フフフ。しめしめ。
普段ロクに親孝行&ジジ孝行してなかったので、
こんな時くらいは 「良い家の娘」 を演じて (娘って歳じゃないけど)
祖父&母に花を持たせてやろうという気持ちで、
葬式だってのに むーちゃくちゃ笑顔ふりまいてきたんだもん。
ソトヅラだけは良いのよ、ワタシ

普段は実家に帰ってもめったに笑顔を見せずに鉄仮面を貫いてるんだけど、
今回ばかりは 「一番下のお嬢さん」 の役割を無事に果たせた模様。

ピュア売り成功


なんていうか、別に 「かわいい」 って言われたかったわけじゃないけど
(そりゃぁ言われたいけど)
それでなくともキャラの濃ゆい年上の負け犬イトコたちが顔を並べてる中、
キレイ売りするなら最年少の自分なのかなぁという計算もあって
ピュアな娘っこを演じてきたわけなんだけどね、

やっぱり人って、
無意識のうちの何かの役割を演じてるものなのかもしれないなぁ、
なんてことを思いました。

働いてるときの自分
恋人といるときの自分
友達といるときの自分
子供といるときの自分
親といるときの自分


どれも自分なんだけど、その時に求められてるものを無意識のうちに選んで
その役割を演じてるんだよねぇ、きっと。
アレ?演じてるのって私だけ??
みんなもっと自然に切り替わってるもん?
少なくとも私は、意図的に切り替えてるところはあるかも。

昔は そのギャップに自分自身が納得できなくて
どれが本当の自分なんだろうとか真剣に悩んだりしたこともあったけど
今は たくさん顔を持ってるのも楽しいじゃない、と思えるようになりました。
私も少しは成長したのかな。


で、結局、ウチの母が結婚についてしつこく言ってくるのも、
母親として言わねばならないことだと思ってるから言ってるのかも。

誰からも心配されず、自分も心配せずにブラブラ独身生活を楽しんでたら
ホントに取り返しのつかない年齢になってからハッ!ってことになるかもしれないし。
娘のお尻を叩いてくれるヒト=母親なのよね、きっと。

というわけで、お母さんありがとう。
娘は本当に結婚したいです。

テーマ: * | TB :0 | CM :4
TOP ↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。